頭痛は薬を正しく服用することで改善できる~痛み解消ガイダンス~

2人のナース

正しい治療の在り方

治療薬

飲み過ぎに注意

頭が痛いときは早くその痛みから解放されようと、多くの人が市販の頭痛薬を服用しています。痛みの程度が比較的軽ければ、市販薬も一定の効果を発揮することも多いものです。薬局やドラッグストアの売場には、多くの種類の頭痛薬が売られています。症状に合わせて薬を選ぶことも可能ですから、それだけで頭痛の問題は解決したように思われがちです。しかしながら、市販の頭痛薬を飲んでもほとんど効果がない場合も少なくありません。最初は効き目があったのに、服用を続けているうち効かなくなる例もあります。頭痛の発生メカニズムは複雑で、異なるプロセスによって起きる複数のタイプが存在します。片頭痛や緊張型頭痛といったタイプに合わせた適切な薬を使わないと、効果を発揮しないは言うまでもありません。加えて市販薬には特有の事情もあります。病院で医師が処方する薬には強い作用があるため、相応の副作用もある程度付きものです。そのため処方には専門知識を要し、細心の注意を払って使用しなければなりません。市販薬ではそれができないため、強い副作用が起きないように成分が調整されています。鎮痛効果もそれだけ弱くなりますが、中にはカフェインを含むケースもあります。飲むと頭がすっきりする気がするため、予防効果を期待して過剰に服用する例も少なくないのです。そうなると薬物乱用頭痛の恐れも出てきます。

病院受診の効果

特に片頭痛では両者の間で鎮痛効果に大きな差が見られます。脳の血管が拡張することに伴って神経が炎症を起こし、痛みの発生している状態が片頭痛です。市販薬には血管の拡張を抑える働きがありません。片頭痛患者に医師の処方する薬には血管拡張を抑える成分も含まれており、痛みの発生源に対して直接作用します。だから効果が高いのです。病院を受診するメリットはそれだけにとどまりません。医師は単なる対処療法ばかりでなく、予防も含めた幅広い視野に基づいて患者の治療を行います。頭が痛くなるには相応の原因があるものです。その多くは生活習慣や環境に求められ、ストレスも深く関わっています。患者の問診や検査結果に基づいて、医師は適切な治療方針を決定します。片頭痛の場合はさまざまな誘因が知られていますから、患者の生活環境からそれらの原因要素をできるだけ遠ざけるよう指導します。緊張型頭痛の場合は姿勢や血行の悪さ、運動不足などが原因となっていることが多いものです。正しい姿勢や適度な運動をはじめとする生活習慣の改善によって、頭が痛くなりにくい体質へと変えることも不可能ではありません。病院で処方される薬は効果の高いものですが、頭痛は必ずしも薬だけで治す病気ではありません。生活習慣の改善も含めた広い視野に立っての治療は身体への負担も小さくなります。病院を受診することで、そうした正しい頭痛治療も可能になるのです。