頭痛は薬を正しく服用することで改善できる~痛み解消ガイダンス~

2人のナース

痛みの原因と対策法

カウンセリング

種類と関係性

疲れたり、風邪をひいたりすることででる症状に頭痛があります。この症状がでるととても辛い症状であります。中でも吐き気やめまいを伴ったりするときはとても辛く耐え難いものであります。このような症状ですが、いったいどのようなことが原因で起こるのでしょうか。まず、風邪などが原因で起こる頭痛に関しては、風邪が治れば自然に良くなることが多いです。この症状は、風邪のウイルスなどを排除しようとする体の働きから起こるものでもあるので熱が下がったり、風邪が良くなれば症状は改善します。次に考えられる頭痛は片頭痛です。こちらの症状は私達に一番多い症状でもあります。原因としては脳の血管が急激に広がることで起こると言われています。主な要因は、ストレスや寝不足、寝すぎ、女性ホルモンの関係といわれています。他にも敏感な方は気圧の変化や気候の変化などでも頭痛を感じたりすることが多いです。それからもう一つ考えられる頭痛として緊張型があります。こちらの頭痛の要因は肩こりやストレスなどが考えられます。筋肉に老廃物が溜り、その周囲の神経が刺激されることで起こります。そのため肩こりと頭痛は密接な関係性がると考えられます。特に長時間コンピューターなどをいじっているとなりやすいです。

改善方法

片頭痛の対策として必要なのが、人ごみや寝不足を避けることであります。環境の変化で起こりやすい症状でもあるので自分がどの環境の変化に適応できないのかをしっかり分析することが重要となってきます。次に大切なことは、寝不足や寝すぎを繰り返さないことです。この繰り返しによって体に自然とストレスを与えてしまうのでこういったことを防ぐことも重要であります。それから、食生活も大きく関わってきます。特に、チョコレートやハム、チーズなどといった食品は避けることが好ましいです。それからカフェインの取りすぎも良くないのでコーヒーや紅茶なども量を考えて飲むことをおすすめします。次に、緊張型の頭痛についてですが、緊張型は、ストレッチをして血行を良くすることが改善につながるといわれています。また、長時間パソコンをいじったりする際は休憩を入れたりすることが良いとされます。特に長時間パソコンを使っていると目が疲れやすくなります。目の疲れも血液の流れを悪くして肩こりにつながるので良くありません。ですので蒸しタオルなどで目を休ませることが大切です。そのほかにも薬で治す方法もあります。市販で売られている頭痛薬でも症状が改善されることもあるので試してみるのも良いかもしれません。また、市販で売られている血行を良くする薬なども効果的であります。これらのことを行っても改善が厳しい方は病院で薬を処方してもらうのも良いと考えられます。